" /> 【青年海外協力隊時代】フィジーかれこれ 20/02/20

【青年海外協力隊時代】フィジーかれこれ 20/02/20

JICA海外協力隊

僕がフィジーで卓球隊員として活動中だった2020年2月20日に書いた記事を掲載します。

当時は「はてなブログ」で記事を書いていました。いまになって自分の文章を読み返すと「自分の文章下手だな~」と感じますが、あえて、ほぼ原文のままでお届けします。

フィジーかれこれ(以下:過去記事)

1か月間の現地での研修が終わり、ついに今週から正式に活動がスタートしました。

今日は僕が暮らすフィジーの紹介をしたいと思います。

フィジーとはどこぞや

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d7834841.199264296!2d174.96618937866788!3d-16.495473543302836!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6e1990fd703cdc5d%3A0x9e9c319946ef5b93!2sFiji!5e0!3m2!1sen!2sfj!4v1580981900215!5m2!1sen!2sfj

フィジーは南太平洋に浮かぶ島国です。

オーストラリアとかニュージーランドとか、その辺りですね。

大小330もの島から成り立っています。

周りは海、海、海。

僕が住んでいるのはメインアイランドのViti Levu島。

f:id:makimaki0920:20200206185716j:plain
上空から見たViti levu島

意外にも都会な首都

リゾート地のイメージが強いフィジー。

でも、首都のSuvaはなかなか都会です。

島国で多くのものを輸入しているため物価は高めですが、

何でも手に入ります。

f:id:makimaki0920:20200206191155j:plain
首都のスバ なかなか都会です

 世界で一番幸福な国

時間がゆっくりと流れるフィジー。

まだ1か月しか住んでいませんが、

タクシーの運転手が「おれのランチいる?」と

カレーラップをくれたことが2回ありました。

のんびりと良い意味で適当に生きている方が多い気がします。

世界一幸せな国・フィジーの秘密 貧しくても幸せ!
このような数字を見てみると、フィジーの社会は決して「豊か」であるとは言えません。ですがフィジーの国民は幸せなのです。その理由は、いくら寿命が長くても、字が読めても、学校に行けても、お金を稼げても、「あなたは幸せですか」と質問されたら、あなたは「YES」と素直に答えられますか、というちょっと哲学的なテーマでもあるのです。

フィジーにインド人?

フィジーはもともとイギリス領で、

その時代にインド人がたくさん移住し、

現在もインド系がとっても多いです。

外務省によると

フィジー系 57%

インド系 38%

フィジー共和国基礎データ

公用語は英語、フィジー語、そしてフィジーヒンディー語。

フィジーヒンディーは

様々な地方から来たインド人の

様々な方言がミックスされた言語だそうな。

インド系の皆様のおかげでおいしいカレー屋さんがたくさんあります。

f:id:makimaki0920:20200220070858j:plain
こちらで6 フィジードル (約300円)

まだまだフィジーを伝えきれない!

またフィジー紹介をやると思います。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました