" /> 【青年海外協力隊】フィジー卓球隊員の感じた課題(強化活動編)

【青年海外協力隊】フィジー卓球隊員の感じた課題(強化活動編)

JICA海外協力隊

フィジー卓球隊員の感じた課題(強化活動編)

今回はフィジーでの活動で僕が感じた課題をまとめます。国際協力の現場をより身近に感じてもらえれば嬉しいです。

僕はフィジー卓球協会(以下、卓球協会)に所属し、小学校やコミュニティーへ訪問指導をする「普及活動」と有望なジュニア選手やナショナルチーム選手への競技レベル向上を目指す「強化」に取り組んでいました。

前回は「普及」の課題について、
今回は「強化」の課題について、
次回は課題を解決するために実行したことについて、まとめます。

①練習環境の課題が多い!

画像1

(↑ ナショナルチームの練習風景)

①練習場を予約できないことがある

練習場は他団体と共同のホールを使用しています。そのため週5回の練習を基本していますが、その時間も確保できないことがあります。また、17時から予約していても18時まで練習をスタートできないこともあります。

②裸足で卓球するのに画びょうが落ちてる!

他団体のイベント後にはホールの床に画びょうが落ちてることも…。ナショナルチームでも裸足で卓球する子どもがいるフィジーでは画びょうは本当に危険です!

※なんで裸足で卓球しているの…?

フィジーの街中で裸足で歩いている人は少なくありません。村では裸足で子どもたちが走り回って遊んでいます。フィジーは正装も靴ではなくサンダルです。フィジー人にとって靴を履くのは暑くて面倒なことなのかもしれませんね。

③卓球台の天板(表面)がまっすぐじゃない!

卓球台の天板(表面)がまっすぐではないので、天板の一部は確実にイレギュラーする場所があります…。

④5年間も同じラバーを使っているナショナルチームの選手!

卓球のラバーの寿命は一般愛好家が使うとしても3か月~6か月です。しかし、ナショナルチームなのに5年間も同じラバーを使っている選手がいました。フィジーには卓球ショップが1つもありません。入手自体が難しく、ラバーの値段も決して安くありません。しかし、卓球選手にとって用具はとても重要です。ちゃんとした用具を使っていれば、もっといいボールが打てるのに…と感じるケースは多かったです。

②次の世代の選手が育っていない!

前回の記事で書いたように卓球の普及活動にも課題は多いです。

ナショナルチームでも満足な練習環境ではありませんが、これから強くなってほしいジュニア選手の育成環境はそれ以下です。ナショナルチームのメンバーと次のナショナルチームを担うジュニア選手には大きな実力差があります。次の世代の育成どころか、卓球人口が減っている状況です。当然ですが、競争は激しくありません。ナショナルチームのメンバーは練習を頑張らなくても国際大会に出場できるため、モチベーションは高くありません。

日本は次々に若い選手が出てくるので深く考えたことがありませんでしたが、新しいは今の世代の選手の強化のためにも必要なのです。

③オリンピック出場選手でも卓球を仕事にできない…!

マネー かなしみ

残念ながら、フィジーでは卓球選手や卓球コーチとして生計を立てれません。例えば、フィジーから卓球でオリンピックに出場したとしても、卓球だけでは生活できません。そのため、選手は高校や大学を卒業すると卓球に関係ない仕事を始めて、半ば引退状態になってしまいます。

卓球協会のディベロップメントオフィサー(コーチ)でも仕事がなく、給料がない日もある状態です。

現地の選手が卓球を続けたくても続けられない状況は非常にもったいない。この問題を解決するためには卓球でお金を稼げる環境づくりが必要だと思っています。

フィジーではラグビーが国技として愛されています。日本を含む海外でもプロのラグビー選手として生計を立てている人は多いです。選手を引退してもコーチの仕事もたくさんあります。ラグビーのようにスポーツで稼いでいくロールモデルができると、選手として安心して活動できます。

全ての問題がお金で解決できるわけではありません。お金を稼ぐ道具として卓球を教えるわけでもありません。しかし、スポーツの継続的な発展には卓球に関わってくれる人が安心して生活できる仕組みが必要だと信じています。

④フィジー人とのギャップ!努力に対する考え方

ニコニコ、怒り

僕はまじめな人間です(自分で言うのもどうかと思いますが…)。それなりに志があって青年海外協力隊の仕事を選びました。卓球も自分なりには頑張って練習しました。努力は大切だと考えています。

以前、フィジーで会った韓国人のコーチも、韓国では1日に5,6時間の練習も珍しくないと言っていました。受験勉強に対する考え方も日本と韓国は似ていますね。

一方、フィジーにはのんびりした性格の人が多いです。フィジー人は楽しく生きること、無理なく生きることを大切にしています。仕事よりも家族や友人との時間が重要だったりします。彼らは必死び仕事をするために生きているのではなく、幸せになるために生きているイメージです。

働きすぎで精神を病んでしまう人、過労死でなくなってしまう人がいる日本人は見習うべきところも多いではないでしょうか。僕自身、フィジーで生活していると「どう生きたら幸せなのか」を深く考えさせられました。

話を卓球に戻します。僕は卓球のコーチです。「ある程度」は努力してもらわないと選手を強くできません。この「ある程度」の感覚が違いが大きな問題です。

僕にとっては「2時間」だけ練習する。
彼らにとっては「2時間」練習する。

そもそも、必死に努力してまで卓球を強くなりたいと思ってなければ、僕の指導は価値観の押し付けになってしまいます。

彼らにとって卓球が持つ意味は何だったのか、彼らの目指すゴールは何だったのか、理解できずに帰ってきてしまったのは心残りです。

まとめ

僕が青年海外協力隊としての「強化」活動の中で課題だと感じたことをまとめました。フィジーの卓球の現場を少しでもイメージしてもらえましたか?

次の記事では僕が2か月で現地の課題にどう向き合ったのかをまとめます!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

※以下は2020年7月19日にnoteに書いていた記事のリライトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました